NEIS

バイオマス発電

限りある化石エネルギー

私たちが使用するエネルギーの中心は、石炭や石油などの化石燃料です。
化石燃料を燃やすと二酸化炭素をはじめ窒素酸化物、硫黄酸化物などが発生して大気を汚染し、地球の温暖化や酸性雨の原因になります。また、化石燃料の枯渇が叫ばれており、いずれ近い将来にはなくなってしまいます。石炭とウランが100年ほど、石油、天然ガスは50年ほどと見られています。

出典:原子力・エネルギー図面集2019

再生可能エネルギーで脱炭素時代へ

再生可能エネルギーの積極的な取り組みは、企業イメージを高めるだけではなく、地球温暖化防止や社会・地域に貢献すると共に、企業競争力を高めることにもつながります。

再生可能エネルギー(Renewable Energy)とは、石油や石炭、天然ガスといった有限な資源である化石エネルギーとは違い、太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など自然界に常に存在するエネルギーのことです。その大きな特徴は、「枯渇しない」「どこにでも存在する」「CO2を排出しない(増加させない)」の3点です。

具体的な種類:(1)太陽光、(2)風力、(3)水力、(4)地熱、(5)太陽熱、(6)大気中の熱その他の自然界に存在する熱、(7)バイオマス(動植物に由来する有機物)の7種類(施行令第4条)。利用の形態は、電気、熱、燃料製品。

出典:関西電力

ReGarは、廃プラスチック、廃材、生ごみ、ガラス・金属類などを含む混合ゴミを、過熱水蒸気によって無酸素状態にした反応釜の中で安全、確実に熱分解処理し、油分、炭化物、鉱物・ガラス類として回収できる画期的な自然廃棄処理プラントです。

日本国内の電源構成(2019年度の年間発電電力量)

出所:資源エネルギー庁「電力調査統計」などからISEPが作成

欧州各国との自然エネルギーの割合の比較

出所:Agora Energiewende, China Energy Potal, 電力調査統計などのデータよりISEP作成(2021年1月修正)

エネルギー政策の基本的視座

出所:資源エネルギー庁

資源に乏しい⽇本においては、安全性(Safety)を⼤前提として、⾃給率 (Energy Security) 、経済効率性(Economic Efficiency) 、環境適合 (Environment)の観点から多様なエネルギー源を組み合わせることが必要とされています。

3E+S

安全性安全性が大前提

自給率

Energy Security
震災前(約20%)をさらに上回る概ね25%程度(現在6%)

電力コスト

Economic Efficiency
現状よりも引き下げる
(2013年度9.7兆円→2030年度9.5兆円)

温室効果ガス排出量

Environment
欧米に遜色ない温室効果ガス削減目標
(2030年度に2013年度比▲26%)

バイオマス発電のメリット

ReGarは、廃プラスチック、廃材、生ごみ、ガラス・金属類などを含む混合ゴミを、
過熱水蒸気によって無酸素状態にした反応釜の中で安全、確実に熱分解処理し、油分、炭化物、鉱物・ガラス類として回収できる画期的な自然廃棄処理プラントです。

バイオマス原料の分類

バイオマス原料は、これまで利用されていなかった廃棄物系と、主に食料用途で栽培されていた作物系に分けることができます。 また、含まれる水分量によって乾燥系と湿潤系に分けられたり、存在する場所や発生する頻度によって分けられる場合もあります。

バイオマスの賦存量と利用可能量

出典:バイオマス白書2012/農林水産省資料

ReGarは、廃プラスチック、廃材、生ごみ、ガラス・金属類などを含む混合ゴミを、
過熱水蒸気によって無酸素状態にした反応釜の中で安全、確実に熱分解処理し、油分、炭化物、鉱物・ガラス類として回収できる画期的な自然廃棄処理プラントです。

CO2カウントゼロの発電

ReGarバイオマス発電とは、ReGarから採取された油を原料にして、ディーゼルエンジンを動かして発電する発電方法です。ReGarバイオマス発電は、ライフサイクル全体で見ると、CO2を増加させていないCO2排出カウントゼロのカーボンニュートラルな発電方法として高い環境価値があります。

液体バイオマス発電の流れ

ReGarからバイオマス燃料を抽出します。その後、バイオマス燃料を原料にエンジンを発動し
発電を行います。発電された電気は、大手新電気会社への売却や自家消費、地域利用を行います。

24時間受付中! 無料相談はコチラ